”『物置のピアノ』”

知らぬ間にTポイントが貯まっていたので、Yahooショッピングで『物置のピアノ』をポチりました。芳根京子さんの初主演映画(2014年)です。

舞台は震災の1年余り後の福島県桑折町、芳根京子さん演じる宮本春香は高校3年生。内気な春香は要領がいい姉の秋葉にコンプレックスを感じながら、物置のピアノを奏でる事が唯一の安らぎでした。

宮本家は桃農家です。春香の祖父正賢が栽培している桃は美味しいけれど、風評被害で売れない。

そして、浪江町から避難してきた会川康祐との淡い恋。

桃農家として後継者問題、風評被害などから祖父正賢は認知症を発症し、物置に隠れてタバコを吸っていて物置を燃やしてしまう。音の出なくなったピアノ…

春香は将来に悩むが、音大受験を決意する。

と云ったお話です。

芳根京子さんは初主演という事もあって、フレッシュな魅力が溢れています。
容貌はまだまだ幼く、高校3年生には見えません。
まだまだ芸風が固まっておらず、『オモコー』で見せたような元気が見られません。

大器の片鱗は窺えるものの、主演としてのパワー不足を感じました。

そして、気になったのがクライマックスシーンに唱歌『故郷』が使われている事です。
私は自分の故郷で山で兎を追った事はありません。小鮒を釣った事もありません。
通学路はコンクリートの舗道でした。『故郷』は浅薄なステレオタイプの故郷像しか与えてくれません。
皆で合唱する『故郷』で一気に映画の質が落ちました。

この映画のテーマは、『すみれの花咲く頃』にちょっと似ています。
東北の田舎町で夢を抱えながら現実との狭間でもがく。
違いは、春香が音大を受験する所で映画が終わる事です。
『すみれの花咲く頃』でははっきりしなかった将来像がこの映画でははっきり示されています。

この映画は、誰にでも薦められるものではありません。
芳根京子さんのデビュー作としては、多部ちゃんの『HINOKIO』、橋本愛さんの『Give And Go』などに比べて鮮烈度が不足しています。

とは云え、可憐な芳根京子さんを観る事ができるので、私的には満足しています。





”『四月は君の嘘』”

広瀬すずさんの主演作『四月は君の嘘』がひかりTVのVODに登場したので、レンタルして観ました。

そして…

広瀬すずさんには瞠目させられました。

『ちはやふる』から更に進化していました。

役を自分の土俵の上に引き釣り上げて真っ向から勝負を挑む姿勢には感嘆させられました。

正直、私の好きなタイプの女優さんではないし、ファンな訳でもないのですが、この勢いは本物だと思わせられました。

課題は「引いた」演技が何処まで出来るかでしょうが、彼女はまだ若いのであと数年は今の勢いで邁進するでしょう。

細かい事を云えば、ヴァイオリン演奏シーンの完成度とか課題はあるのだけれども、先ずは彼女の魅力で二時間はあっという間でした。

彼女は今ネット上ではバッシングの標的になっていますが、そんな事は問題にもならないでしょう。

確かに、あざとさが気になる人もいるでしょうが、私は今の勢いの方が優っていると思います。

共演の山﨑賢人くんも本来の持ち味を取り戻していたし、石井杏奈さんもいい味を出していました。

映画的には好みの問題もあるでしょうが、私は気に入りました。音楽が題材の映画としては良く出来ていると思います。



”『PとJK』”

今日公開の映画『PとJK』を観てきました。

特に土屋太鳳さんのファンではないのですが、彼女は今一番ノッている女優さんの一人なので観ておきたかったのです。

『orange』、『青空エール』で主演されました。

この後も『兄に愛されすぎて困っています』、『トリガール』、『8年越しの花嫁』と主演作が目白押しです。

で、感想は如何かと云うと、前半寝てしまいよく判りません。(笑)

女子高生と警官の恋というあまりリアリティのない設定ですが「学園モノ」じゃないのが良いです。

しかし、共演の亀梨和也さんがあまり好きではなく、感情移入し辛かった。

まあ、こういう少女マンガ原作の映画はどれも似たり寄ったりになりがちです。

土屋太鳳さんは『鈴木先生』の頃の切れ味は影を潜めたものの、爽やかな演技を見せてくれました。アクがなく、此れと言った特徴が無いのが彼女の個性でしょう。

しかし、若い女優さんの出演作だとついつい観にいってしまいます。

(広瀬すずさんの『チア⭐︎ダン』はチアが好みじゃないのでパス。)

オヤジ一人でこんな映画を観に行っている奴はほとんどいません。圧倒的に若い女性客が多いです。

しかし、あまり気にせずに観に行ってます。(笑)




”『一週間フレンズ。』”

週末、映画『一週間フレンズ。』を観てきました。

川口春奈さんは、ちょっと暗いところが役に合っていました。

しかし、山﨑賢人さんは、橋本愛さんと共演した『管制塔』、『Another』で見せていた繊細でスレていないところは影を潜め、今風のイケメンになっており、判っていたとはいえ残念でした。

ストーリーがあり得ない話なので、(一応「解離性健忘」という事になっていますが、月曜日毎に記憶がリセットされるというような病気はないと思います。)期待はしていませんでしたが、結構楽しめました。

観客はほとんどが若い女性で原作のファン、アニメのファンもいた事でしょう。
それらの人がどんな感想を持ったか興味があります。

”『君と100回目の恋』”

本日公開の『君と100回目の恋』という映画を観てきました。

kimi100

何故、こんな映画を観たかと云うとロケ地が岡山だからです。

映画自体はタイムリープ物の恋愛物でありがちなパターンです。

シンガーソングライターのmiwaさんと坂口健太郎さんのW主演です。
miwaさんは『マエストロ』に出演なさっていて好感を持っていました。
坂口さんは何故か今大人気ですね。
お二人についてはネット上で一波乱あったようですが、映画には関係ない事です。

観た印象は、結構淡白な感じでした。泣かせようとするあざとさも感じられませんでした。
miwaさん、坂口さんの演技は結構爽やかな感じで好感が持てました。

写真は岡山市の路面電車の車内での一場面ですが、岡山市を始め、瀬戸内市、総社市、玉野市などで撮影が行われたようです。地方に住んでいると、映画に自分の生活圏が映るのはなんとなく嬉しい事です。

岡山という所は芸能が盛んではないので、せめて映画の撮影でも誘致して芸能を盛り上げて欲しいものです。


プロフィール

marrella

Author:marrella
多部ちゃんと橋本愛さんと音楽と写真が大好きなオヤジです。
徒然にお二人の事や身の回りの事を書いています。
横着者なもので、スローペースでやっていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR