音楽との出会い〜その二

中学生になった私は、学校の図書室で一冊の本を手にしました。それは1950年代末頃の「名盤紹介」の本でした。
なんで、中学校の図書室にそんな本があったのかわかりません。

その本には、当時まだ一般的じゃなかったマーラーの第一、第四番交響曲が紹介されていました。
筆者はかの宇野功芳氏でした。私は彼の批評には全然共感はしないのですが、マーラーを聴くきっかけを与えてくれたのは彼でした。熱心に、「マーラーを聴きなさい」という氏の言葉に俄然聴きたくなって、レコード屋さんに行きました。

もう1970年代に入っていたため、マーラーの第一番はショルティ盤とバーンシュタイン盤を見つけることができました。当時はレコードの「試聴」ができました。(最近、CDの試聴コーナーを見かけるようになにましたが。)

私は試聴し、イ音のフラジョレットに包まれて木管の鳥の声が聴こえる特徴ある音楽に一瞬の間に魅了されました。それは、今まで聴いていた音楽とは全く異なっていました。

私は、即、バーンシュタイン盤を買って何度も聴きました。そして、第四、第五と買い求め、全ての交響曲と「大地の歌」、「さすらう若人の歌」なども聴きました。

そして、後期ロマン派の音楽に目覚め、当然の成り行きでブルックナーなども聴くようになりました。

もう一つの衝撃は、ストラビンスキーの「春の祭典」でした。冒頭のファゴットの旋律とその後のリズムの氾濫に息をのみました。

世の中には、色んな音楽があることを知った私は、少しでも気になったレコードは出来るだけ聴くようになりました。

当時は、ポピュラー音楽はほとんど聴きませんでした。が、中学時代のある日、ビートルズに出会って全く違った音楽の楽しみ方を知ることになります。

つづく・・・

音楽との出会い〜その一

私の音楽遍歴の最初はクラシックでした。

きっかけは、幼稚園のころ親に買ってもらった小さなステレオセットでした。
そして、レコード屋にいって最初に選んだレコードは、小学校の音楽の授業で聴く小曲を集めたレコードだった記憶があります。レハールの「金と銀」のワルツやシューベルトの「軍隊行進曲」などが入っていたと記憶しています。

私は夢中になりました。そんな私に、親は当時販売されていた17cmLPのクラシックのレコードを買ってくれました。
「未完成」の第一楽章や、「新世界から」の第二楽章など、有名な部分だけ収録したレコードです。

やがて、小学生になった私に「世界のオーケストラ音楽」のシリーズLPを与えてくれました。全部で18枚、世界各国別に有名なオーケストラ曲が収録されており、毎月一枚ずつ送られてくるのです。

私は毎月送られてくるのを楽しみにしていました。
これらのレコードで、ベートーヴェンの第五、第六、第九やブラームスの第一,チャイコフスキーの「悲愴」など大衆的クラシックに夢中になりました。私の音楽嗜好が器楽曲、室内楽よりも管弦楽に向けられたのは、こういった素地があったせいだと思います。

やがて、小遣いをためて自分でLPを買うようになりました。ベト七などこのころ夢中になりました。モーツアルトなども聴きました。

そして、それまで漫然と聴いていた曲を集中して聴くと、全く新しい音楽として蘇ることに気付きました。漠然と聴き流していた内声部の和声や、対位法的なフレーズなどこれまで聴いていた曲も新発見に満ちていました。

そして、中学生になった私の前に疎遠だった作曲家たちが現れます。

以後、つづく・・・

「夢で逢えたら」

今朝、妙な夢で目覚めました。
私が、黒木メイサさんとキスをしている夢です。
(別にヘンな夢じゃありませんよ。)
黒木さんはグレーのスーツ姿でした。
髪の感触が今も残っています。

黒木さんは、「ジウ」は全部観てますし、キライじゃないけど
特に応援している訳ではありません。どうして黒木さんなんでしょう?

私はこれまでにも、新垣結衣さんとバイトが一緒だったり、
長澤まさみさんと同級生だったり、妙な夢を度々みます。
でも、多部ちゃんの夢は一度もみたことがありません。

一度でも、夢で多部ちゃんに逢えたら、と思うこの頃です。



ヤルヴィ パリ管弦楽団

11月9日、パーヴォ・ヤルヴィ指揮パリ管弦楽団のコンサートに行ってきました。

細かいミスもあったけど、全体的には素晴らしいパフォーマンスでした。
コントラバスのうねりや大太鼓の音の空気感など、普通の再生装置では
望むべくもないものです。

思った以上に精緻な響きで、合奏力の高さが聴いてとれました。

圧巻はアンコール、3曲演っても聴衆の拍手が鳴り止まず、一度は引き上げた団員も舞台に戻って総立ちの聴衆に合わして手拍子です。倉敷がツアー最後だったせいもあるのでしょうが、こんな経験は初めてでした。

下世話な話をすれば、4万円のウィーンフィル/ベルリンフィルなんかより2万3千円のパリ管の方がお得だなーなんて思っちゃいました。

一曲目はシベリウスの「カレリア組曲」。この曲は、レコードで聴くと第一曲がなんか西部劇の音楽みたいに聴こえるのですが、生で聴くと合奏の楽しさにあふれています。

二曲目はリストの「ピアノ協奏曲イ長調」。ヌーブルジェのピアノが、ほんっと、綺麗でした。理知的で音の粒立ちが美しく、もっと聴いてみたいピアニストです。アンコールにストラヴィンスキーのタンゴ。ウィットに富んだエスプリを感じさせてくれました。

三曲目はサンサーンスの「交響曲第三番ハ短調オルガン付き」です。倉敷市民会館にはオルガンはありません。
どうするのか、サンプリング音源の電子オルガンです。やはり生のオルガンが欲しいところですが、ヘボいオルガンよりは安心かもしれません。でも、岡山にも是非パイプオルガンが欲しい。ポジティブならありますが。
演奏は圧倒的で、管楽器のアンサンブルも良く、弦もよく鳴ってました。音圧が凄い。

アンコールはビゼーの「子供の遊び」から「ギャロップ」、ベルリオーズの「ファウストの劫罰」から「ハンガリー行進曲」、ビゼーの「カルメン」から「第ー幕への前奏曲」。ここら辺は余裕です。

東京に住んでいた頃には、コンサートなんて何時でも行けると思って、クラシックのコンサートにはあまり行かなかったのですが、岡山に戻ってからは、大きなコンサートはあまりないのでまめに行くようにしています。
来年の「くらしきコンサート」は、山田和樹/ロマンド響かぁ。ロマンド響は、アンセルメ以降全然聴いてないので見当がたたないのですが、きっと行くでしょう。でも、身近に岡フィルの「第九」には行くつもりです。

いやぁ、音楽っていいですね~。

だら〜り

今日は、会社の事務所の移転です。もう荷物は引越屋さんが新しい事務所に運んでくれていて、私は独り、旧事務所で、コピー機屋さんが複合機を運んでくれるというので、ぼんやり待っています。荷物はもう運びだされて何もないので、することがありません。

そういえば、今日は「東京バンドワゴン」の日だ。けれど、私はこのドラマには何も期待していません。こういうぬるいドラマに多部ちゃんを使い潰しちゃ、駄目ですね。24歳は二度とやってきません。もっと尖った役を望みたいですね。

女優という生き方は、積み重ねじゃありません。「今」なのです。

期待値は大です。

もう少し待ちましょう。
プロフィール

marrella

Author:marrella
多部ちゃんと橋本愛さんと音楽と写真が大好きなオヤジです。
徒然にお二人の事や身の回りの事を書いています。
横着者なもので、スローペースでやっていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR