FC2ブログ

”『美しい星』”

映画『美しい星』を劇場にて観賞してきました。

三島由紀夫の原作を大胆にアレンジしたこの映画、面白い事は面白いのですが、「いい映画」かと問われれば一回観ただけでは判りません。

主人公重一郎が、原作から大きく変化されています。原作でのやや芸術家肌の重一郎が、ややお調子者っぽいお天気キャスターに変わっています。原作では重要な働きをする円盤もあまり重視されていません。

そして羽黒助教授達はくちょう座61番星近くの惑星から来た宇宙人との論戦もありません。

全体的に原作の持つ高度に知的な側面は薄められ、家族を巡るペーソスのあるエピソードが中心に描かれています。

その中で、橋本愛さん演じる長女暁子は、原作を読んで暁子は橋本愛さんしかいないと思えるキャラクターで、一番原作との乖離が少ないと思いました。

非常に美しい、そして、その事に負目を感じている、それが故に自分の美しさを再認識するといったアンビバレンスを見事に表現していました。

原作での地球の危機は核兵器による「ボタン戦争」でしたが、これは地球温暖化に置き換えられています。これは、時代背景から考えても当然でしょう。しかし、「人間が殺し合う事によって人類が滅亡する」というテーゼがぼやけてしまいました。

橋本愛さんを始めとしたキャストは好演していました。亀梨和也さんは私はあまり好きじゃないのですが、存在感を見せていました。リリー・フランキーさん、中嶋朋子さんなどなど役にピタリと嵌っていました。

ただ、前にも書いた通り原作のメッセージがややぼやけた事は否めません。

映画の質としては及第点でしょうが、突出しているかどうかはもうちょっと観ないと判りません。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

marrella

Author:marrella
多部ちゃんと橋本愛さんと音楽と写真が大好きなオヤジです。
徒然にお二人の事や身の回りの事を書いています。
横着者なもので、スローペースでやっていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR