”「甲子園」”

夏が始まりました。高校野球のシーズン到来です。甲子園を目指して地方予選始まりました。

全てを投げ打って甲子園を目指す、それは青春の象徴のように云われます。果たしてそうでしょうか?

私は中学時代、科学部に籍を置いていました。この科学部というのが、「科学の甲子園」と云われる日本学生科学賞で全国入選、入賞する事を目指していました。

「全国に行く」という事はたやすい事ではありません。一年間で休みは正月三が日と中間、期末のテスト中のみ。毎日夜の9時10時まで部活をやっていました。土日も夏休みも春休みも冬休みも無し。

そして、2年生の時、全国で一位入選して東京まで表彰式に行きました。

そして、3年生の10月頃、論文書きも大詰めの頃、私は風邪を引いて学校を休みました。すると、顧問の教師が推敲中の論文を後輩に持たせて我が家に来させました。私は、プッツンとキレました。論文の執筆を拒否し、部を辞めました。その年は二位入選でしたが私は表彰式には行きませんでした。

3年間、私は全てを部活に賭けました。普通の中学時代を送れなかった。中学時代、最も多感な時期に部活に全てを賭けるという事は、今思い返しても健全じゃありません。

「全国に行く」という目標を下ろしさえすれば、普通の部活動だった事でしょう。顧問の教師も部費を潤沢に取り、休み無しで部活を続けるからには結果を出さねばならず、大変ではあったでしょう。でも、遊びたい盛りの中学生を部活に縛り付けるのは、どう考えても無理がありました。

私は中学時代の部活のせいで、行動を拘束される事を極端に嫌う癖がつきました。

甲子園を目指す高校球児達も、高校生活全てを投げ打って練習してきた事でしょう。ドラフト指名される一部の選手を除いて、その後の人生において普通の青春時代を過ごせなかった事を後悔しないでしょうか。

私は、部活動を否定するものではありません。ただ、「全国を目指す」という目標が設定された時点で不健全な青春時代を生徒に押し付ける事になっているのではないかと危惧しているのです。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

marrella

Author:marrella
多部ちゃんと橋本愛さんと音楽と写真が大好きなオヤジです。
徒然にお二人の事や身の回りの事を書いています。
横着者なもので、スローペースでやっていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR