FC2ブログ

”映画『PARKS パークス』再び”

7月に観た映画『PARKS パークス』が、ひかりTVとamazon videoのレンタルのラインナップに加わっていました。

DVDの発売はまだアナウンスされていないので、ひかりTVで早速レンタルしました。7日間で1,620円と結構なお値段です。

前に劇場で観てよく判らなかったので自宅で何回も観ました。

それでも、よく判らない。そもそも判るように作っていない。万華鏡のようなファンタジー映画です。

通奏低音は「PARK MUSIC」です。アレンジを変えて何回も出てきます。オリジナルのオープンリールと、橋本愛さんの弾き語り、練習中のバージョン、「ポップでダンサブル」なフェス用のアレンジ、最後のミュージカルシーンでの最終バージョン(?)。ミュージカルシーンバージョンへ曲が収斂してゆく過程が映画のストーリーのキーになります。

フェスの失敗が、フェス用のアレンジの失敗を暗示しています。ミュージカルシーンバージョンが公園そのものを表現しています。「PARK MUSIC 始まるストーリー」のフレーズが公園そのものなのです。

永野芽郁さんの小説と妄想が、過去と現代のミクスチュアを呼び起こします。出演者は皆この小説の登場人物なのです。そのように物語が再帰的に構成されているので、一回観ただけでは何のことやら判らない。

出演者は素晴らしい。橋本愛さんは等身大の女子大生を素であるかのように好演しています。二十歳を過ぎても学園モノに出演する女優さんが多い中で、橋本愛さんは寄生獣以来女子高生役を全く演じていません。10代の観客を動員できる学園モノに出演しないのはきっと彼女のポリシーなんだと思います。本作ではギターの弾き語りを披露しています。その歌は決して上手くはないけれど、可愛らしい透明感があります。

永野芽郁さんはちょっとミステリアスな役を好演しています。素性が全く判らない。突然現れて消えてしまう。高校生だと思うけど全くそんな素振りはありません。家庭環境も不明です。そんな彼女は表情が自然で眼がくるくるとして魅力的です。彼女、どこか能年玲奈(のん)さんに似ていますね。

そして染谷将太さん。どこかダサげなスタジオのアルバイターが板についています。

吉祥寺の映画と言う事で、サブカル色の強い選曲も特徴です。パスカルズなどつい懐かしくなってしまいます。(昔ニョーボがたまの大ファンだった。)

そして懐かしい吉祥寺の街と井の頭公園。吉祥寺は、練馬区に住んでいた14年の間よく通った街です。ロンロンはアトレに変わってしまったけど、街並みとアーケード街が懐かしい。駅の北口のバス乗り場と西武バス、関東バス。東京を離れて15年以上経つけど、東京の他の街に比べて吉祥寺の街は昔の面影が残っています。

ネット上での評価を見ると、いい映画だと言う意見と訳判んないと言う意見が相半ばしています。私はいい映画だと思います。すんなり入っていける映画ではありませんが、知的なファンタジー映画だと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

marrella

Author:marrella
多部ちゃんと橋本愛さんと音楽と写真が大好きなオヤジです。
徒然にお二人の事や身の回りの事を書いています。
横着者なもので、スローペースでやっていきます。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR